top of page
検索
  • 執筆者の写真QLUYI

XOAQ ANCIEP について



こんばんは、繰依です。


ブログ初の記事は、


私の運営する屋号についてお話ししてみたいと思います。



(文章書くのは高校以来なので温かく見守ってやってください……)








❝XOAQ ANCIEP❞ というこの屋号は、


結論から言うと


あえて何処にも存在しない単語から作りました。





自身のアイデンティティとして、


誰も知らない、意味のない単語を


0から育ててみたいと感じたからです。





と、いうのも


そう思ったきっかけがはっきりとあって……







私が好きなイラストレーターさんの1人に


しきみさんという方がいます。




そんな大好きなしきみさんが


当時、コミティアという


創作イラストのイベントに出るということを知り、


その時に初めてティアズマガジンを購入しました。




そして、しきみさんの個人サークル名が ❝keeggy❞ であることを知ります。


それは、普段から訪ねていたしきみさんのHPのタイトルと同じ名前でした。




その時ふと


この単語にはどんな意味が込められているのだろうと思い、


気になって調べてみました。




❝keeggy❞ という単語は今まで聞いたことがなく、


何かの造語なのかな?と考えましたが、


それらに繋がる単語や、


その屋号についてしきみさんが話されている記事は


一切見つからず、(私が情弱なだけですが)



結局、その単語は私の中で解決しないままとなりました。





しかし、この単語は私にとって


彼女の世界観を❝屋号として集成させる力❞があるような


特別な単語で、



また、今になっても忘れられない程


魅力的なその単語は、


大切な名前を決める際の指標にもなりました。





こうして、私も自分が創る世界は


屋号のイメージに囚われすぎない


世界観を壊さない雰囲気にしよう


と考えたり、




他は、



X を頭に使ったらつよそう とか


名前に使用している Q を入れたい とか


A とか O とかのアルファベットが可愛いとか(本当に)




でも、一番大切にしたいところは、


どこか恐ろしさのある、不思議で、荘厳なイメージ。。





(いかにそれっぽく見せるかの雰囲気勝負なんですけれど…。)





そんな様々な考えから、



XOAQ ANCIEP



という屋号を付けました。





とにかく、単語自体の意味は存在しないため、


音と響きと綴りのバランスを考えながら毎日考えていました。






なので、今になってもこの屋号は気に入っていて、


私の作風をそのまま反照してくれるような


大切な単語だと思っています。




ちなみにロゴマークの鴉は後付けです。笑


深い意味が無くてごめんなさい!


でも、鴉と薔薇も


私の表現したい世界を再認識させてくれる


道標のような存在です。





皆さんが大切にされているテーマは何ですか?




次回もまた何かお話ししてみたいと思います。


ご高覧いただき有難うございました!




qluyi.




閲覧数:139回0件のコメント
記事: Blog2 Post
bottom of page